高額ショッピング

クレジットカードのパスワードとは

コンビニなどでクレジットカード払いにする時には、ただカードを読み取り端末に通すだけで買い物ができます。
スーパーなどではカードの読み取り以外にサインを求められることもありますが、パスワードの入力は求められないのが普通です。
一方、インターネットショッピングなどバーチャルな店舗などでクレジットカードを利用するときには、クレジットカードの番号、本人氏名、カードの有効期限、セキュリティーコードを入力することで簡単に決済ができます。

ところが、クレジッカード情報の(業者側からの)漏洩が頻繁に起こるようになりますと、これら情報の不正利用が増えてきました。
このために国際ブランドのVISAなどが中心となって3-Dセキュアと呼ばれる新しい認証技術がうまれてきました。
この時に使うものがパスワードです。

3-Dセキュアはネットでのクレジット決済の時に以前と同じ情報の入力以外にフィッシングサイトとは容易に区別できる個人メッセージ付きのパスワードの入力画面を付け加えたものです。
これで、カード情報を不正に入手した第三者の利用を防ごうとするわけです。
しかし、日本では、この3-Dセキュアまたはそれに類似した技術の利用はあまり行われていないようです。

どうしてかといいますと、技術標準というものがなく国際ブランドやカード発行会社によってそれぞれのやり方をしていること、大手のECサイトが支払い時の煩雑さからか、この技術の導入に消極的であるといったことや日本では、日本語の壁という障壁がありますので、クレジットカードの不正利用はあまり目立たないという事があげられます。
ただ、小規模なECサイトなどではこの技術を導入するところが増えていると言いますので、将来的には大手も含めて広く普及するのではないかと思われます。
日本ではあまり知られていない3-Dセキュア技術ですが、EUなどの開かれた社会が基本である地域では、クレジットカードの不正利用が多く、このような技術に対する期待が大きくかなり導入がすすんでいるといいます。
http://credit-card-ranking.net/にはクレジットカードを不正利用されたときの対応が載っていますので参考にしてください。


↑こちらにはクレジットカードの支払方法や利用限度額、付帯機能などについてかいてあります。

Copyright(C) 2013 カードを効率よく使う All Rights Reserved.