高額ショッピング

クレジットカード情報が流出しないために

クレジットカードの不正利用は、いくつかありますが、リアルなコピーされたカードを使われる場合とインターネットなどのサイバー空間で使われるクレジットカードの番号、有効期限、氏名などの情報を利用されることの二つが多いでしょう。
リアルな店舗などでクレジットカード決済をするときには、端末にカードを通しますが、ほとんどは対面で行われます。
これが、対面でないような場合には、店舗にもよりますが、カードのコピーをされることも無きにしもあらずです。

また、カードの番号、氏名などの情報を控えられることも考えられます。
しかし、このようなやり方のカードの不正使用は、特に日本国内では、余程のことがない限り出来ないと見て良いでしょう。
カードの使える店舗は、それなりにカード会社の審査を通っているところですから不正使用のようなリスクを負うとは思えません。

クレジットカードとキャッシュカードを兼ねている場合には、ATMに仕掛けられた不正な読み取り機に気をつけることです。
コンビニや無人のATMにはこのような読み取り機が仕掛けられることが稀にありますので、カードの差し入れ口の状態が何か変であったりした時には利用しないことです。
インターネットを利用したショッピングなどでは、クレジット決済をするときにクレジット番号、氏名、有効期限、セキュリティーコードなどの入力をしますが、暗号化されていますので、通信上で盗み見られることはないと思って良いでしょう。

それよりも入力中に後ろからみられて情報を盗まれることやマルウエアーなどによってキー履歴が流出することのほうが大きいと思います。
特にOSのWindowsは脆弱ですから、ウイルスのチェックを頻繁にするか、他のOSを使うかになります。
もう一つインターネットでは、利用業者の管理の不備から顧客情報が流出して、その中にクレジットカード情報も入っていることが良くあります。
このようなときには、顧客としてはクレジットカードの利用停止とカード番号の変更くらいしか出来ませんが、損害があったとしても業者や保険会社が保証しますので、金銭面ではあまり心配はないでしょう。
クレジットカードの多発する事故がこちらでとりあげられていますのでご覧ください。
自分は大丈夫!と思っていてもいつ巻き込まれるかわかりませんので気をつけてください。

Copyright(C) 2013 カードを効率よく使う All Rights Reserved.