高額ショッピング

必ずクレジットカード明細を確認しよう

クレジットカードは、カード業者が買い物などの代金を立替払するという便利な制度です。
後で利用分の請求がきますが、一括で支払う場合には金利がかかりませんのでお得でもあります。
しかし、現金の出入りが伴わないために過去のカードの利用実績を忘れてしまったりして何にどのくらい使ったのかわからなくなってしまうこともあります。

このようなことにならないためには、クレジットカードを利用した時に必ず利用控えのレシートをもらって保存しておくことです。
クレジットカードを利用しますと例えコンビニエンスストアでの少額の買い物でも利用控えを渡されます。
現金での支払いでは、このようなレシートはすぐに捨ててしまったり、最初から貰わなかったりするものですが、クレジットカードを利用する時にはこのような少額の買い物でもらった利用控えのレシートは面倒でもカード会社から次の利用料金の請求があるまでは最低でも保存しておいたほうが良いと思います。

利用料金の明細と利用控えをつけあわせることで、クレジットカードが不正に利用されていないかがすぐにわかりますし、自分の金銭管理にも役立つことでしょう。
ただ、今ではインターネットを使いますとリアルタイムで利用実績の確認ができるところもありますから、紙媒体の利用明細にこだわる必要はないともいえます。
ところで、金銭管理という面でみてみますと、クレジットカードは現金を直接扱いませんので、どうしてもお金を使いすぎてしまうことが多いのではないでしょうか。

あまり使い過ぎますと利用料金の支払いの時に苦しくなりますし、リボルビングのような分割払いもありますが、金利が結構高いですから総支払額がその分増えてしまい結局、家計を圧迫することにもなりかねません。
クレジットカードの利用明細はある期間での利用実績がすべて載っていますので、後で無駄遣いだったりした買い物などがわかります。
それを反省することで、次からは無駄遣いをしなくすることができ、これを金銭管理として利用しますと、より有効なお金の使い方ができるようになるのではないでしょうか。

Copyright(C) 2013 カードを効率よく使う All Rights Reserved.