高額ショッピング

家族で使えるクレジットカード

クレジットカードは契約者本人が使うことになっていますので、家族と言えども契約者以外の人が使うことは違法となります。
こういったことを解消するために、家族用のクレジットカードを別に発行しているカード会社が数多くあります。
家族用のカードの特徴の内大きなものは、元になっているカードを持っている人に一括して利用分の請求が行くということです。

このことで、カード会社から発行される利用明細を使いますと家族全員の金銭管理がやりやすくなります。
また、一括請求ですから銀行の口座からの引き落としデータからは家族の個々のクレジットカードの利用状況が得られませんので、金銭的なプライバシーが(銀行に対しては)守られるという利点もあります。
この他には、家族のそれぞれが別々にクレジットカードを作るよりも年会費がお得になるという事もあります。

そうかといってクレジットカードに掛けられている各種の保険は同じように適用できることがほとんどですから家族カードを持つことで不利になるようなことはありません。
また、家族全員で使うことで利用金額も増えますので、その分付与されるポイントも多くなりますので、この点でも有利になります。

一方、不利な点と言いますと、利用限度枠は元になっているカードを持っている人のものが適用されますので、家族カードを作ったからといって増えることはありません。

そのために、家族の誰かが利用し過ぎますと他の家族が利用できなくなるという事も起こり得ます。
また、家族の誰かがクレジットカードを紛失したりしますと、家族全員に影響してきますので少し面倒なことになります。
このため、カードの管理には特別気を使わなければなりません。
このように家族カードを持つことには、メリットも多いのですがデメリットもあります。
しかし、メリットを生かした使い方をしますと銀行などの金融機関ではできなかった使い方ができますので、非常に便利なのではないでしょうか。
もし、家族みんなが個人でカードを作る場合、若者限定のお得なサービス機能が入ったクレジットカードがあるそうなので若者のみなさんはそちらを作ってみてはいかがですか?

Copyright(C) 2013 カードを効率よく使う All Rights Reserved.