交通量調査 楽 面接なし

楽でカンタンなバイトといえば!交通量調査がおいしい。

仕事的に「おいしい」アルバイトといえば『交通量調査』ですよね。
2回やったことがありますが、2回とも仕事内容はすっごく楽らくでした。あまりに楽過ぎて時間が経つのが遅いことが大変だったくらい、仕事の内容的には本当に楽でした。

 

1回目は普通にいかにも交通量調査のもので、街中の大きめの交差点に4人で用意された椅子に座り通った車の数をカウントしていくものでした。5人のグループで車種別に分類してカウントして、時間ごとに記録をつけるだけ。

 

もう1回は、赤信号で停止しているときに発生する渋滞の長さを記録するものでした。
通った車をカウントするものは、そこの場所で延々カウンターをカチカチやってるだけですが、渋滞の長さを調べるのは自分が動いて長さを調べたので、こっちのほうが時間が経つのが早かったです。

 

その他にも、デパートやスーパーで来客の数を数えたりする仕事もありました。私は担当にならなかったけど、ほかにもいろいろな調査があるようです。
イベント系で人が大勢くるようなカウントは結構たいへんそうだけど、経験者に言わせると慣れればそうでもないらしいです。

 

体力的に軽作業とか無理な人とか、人と喋るのが面倒な場合にはピッタリの仕事ですよ。
採用も1日だけとか土日の2日限定で面接なしとかおいしい条件です。