高額ショッピング

利用者が多いクレジットカードとは

クレジットカードに関わる業者は、カードの発行会社の他に国際決済サービスを提供するVISAなどの国際ブランド、加盟店とそれを管理する会社及び取引データを処理する機関があります。
日本では、カードの発行ができるところは、銀行だけでなく信販系の会社や流通系の会社、メーカー系、鉄道会社などの交通系、石油系、消費者金融系とたくさんあり発行体でカードの利用者をみても数が多いためどこの利用者多いかは一概にいえません。
また、一人で複数枚のクレジットカードを持っいる人も多いですからカードの発行枚数とその利用度が比例しているともいえません。

国際ブランドでクレジットカードをみてみますと、世界的には、VISAブランドのカードが一番ですが、日本では、JCBが一番利用されています。
これは、JCBが日本発の唯一の国際ブランドであることから国内でのクレジットカードの加盟店の数が多いので使いやすいカードであることがその理由となっています。
二番目には、やはりVISAブランドがきます。

その他では、マスターカード、アメリカンエキスプレス、ダイナースクラブが使われています。
特に、最後のダイナースクラブブランドは、高グレードのカード以外は発行していませんので、一般の人では持っていることの少ないブランドといえます。
クレジットカードの年会費でみたときの発行枚数では、やはり年間費がゼロのところが多くなります。
年会費無料のクレジットカードはこちらで紹介されています。

また、入会初年度だけ年会費が免除されるというカードもありますが、これなどは入会時の特典がなくなりますと解約されることも多いようです。
今の世の中では正社員として働く人の数が年々減ってきていますので、パートやアルバイトの人でも審査に通りやすいクレジットカード(発行会社)の利用者が多くなってきています。
こうしたところは年会費もゼロのところが多いのですが、支払いがリボルビング払いのみというような条件がついていることもありますので、入会する前に約款を調べることが無駄な出費をしないコツでしょう。

こちらにはクレジットカードの申込みから発行までの流れがかいてあります。
発効までにかかる期間はカード会社によって異なりますが、基本的な流れや必要な書類はあまり変わらないので参考にしてください。

Copyright(C) 2013 カードを効率よく使う All Rights Reserved.