高額ショッピング

セキュリティコードの大切さを知る

クレジットカードには、番号、氏名、有効期限などが刻印されていますが、それ以外にもカードの表または裏面に三桁か四桁の数字がさり気なく印字されています。
これがセキュリティーコードhttp://www.redkillstudio.com/sekyuritexikodo.htmlです。
実のところセキュリティーコードはこれ以外にもあって、カードの磁気部分に記録されている暗号として使われたり、ICカードでは別の方式で使われることもあります。

ここでは、カードに印字されている三桁または四桁の数字について説明したいと思います。
セキュリティーコードは何のためにあるのかといいますと、クレジットカード決済をするときの不正利用防止のための一つの障壁としての役目があります。
クレジットカードはクレジット番号、氏名、有効期限が一致しますと利用できます。

特に、インターネットショッピングなどでは対面利用と異なりクレジットカードに刻印されている数字と文字のやり取りだけで決済ができてしまいます。
このためにもうひとつの不正利用に対する障壁としてセキュリティーコードを使うわけです。
セキュリティーコードを受け取った相手業者(店舗など)は、このセキュリティーコードをカード会社への信用照会のひとつとして使います。
ですが、それが済みますと破棄することが多く、万が一(サーバーなどに)蓄積してあるクレジットカードのデータが外部に漏れた場合でもセキュリティーコードは知られることがないため不正利用に対しての防御の一つとして有効であるとされています。

ここで、注意が必要なことは、自らセキュリティーコードなどのクレジットカード情報を漏らしてはならないということです。
確かにそのようなことをする人はいないと思いますが、フィッシングサイトなどで知らないうちにこのような情報を漏らしてしまうことがあります。
フィッシングサイトとは、本物の(ショッピングなどの)サイトにそっくりにつくられているもので、(クレジット情報の)入力画面の中にそのカードの全ての情報を得てしまう様な作りになっていることがほとんどです。
このようなサイトに引っかかりますと知らないうちに入力した情報を不正利用されて多額の損害を被ることがあります。

Copyright(C) 2013 カードを効率よく使う All Rights Reserved.