高額ショッピング

タクシー料金もクレジットカードで

クレジットカードは商品などの購入時ばかりでなくサービスに対しても使えます。
タクシーを利用した時にも代金を支払うときにクレジットカードが使える業者も多くなってきています。
タクシーでクレジットカードを使う時には、ドライバーにクレジットで支払う旨を伝えるだけですみます。

(クレジット決済のできる)タクシーには、小型の無線端末がついていますので、カードをドライバーに渡してその端末に通すだけでリアルタイムで支払いができます。
現金支払いでは、お釣りの小銭を数えたりしていますと降りるまでに時間がかかることが多いですが、クレジットカードで支払うと現金の取り扱いが省略されますので、時間の節約になります。
現金支払いではレシートをもらえないことも多いですが、クレジットカードを利用する時には、タクシーに限らず必ず利用控えが発行されます

これを持っていますと金銭管理が容易になります。
特に、タクシーに忘れ物をした時には、この利用控えがありますと使ったタクシーの特定がすぐに出来ますので、忘れ物が手元に戻ってくる率が高くなりますし、その時間も短くて済みます。
また、業務でタクシーを利用する場合などでは、それ専用のクレジットカードを使うことで経理の作業が簡単になるという事もいえます。
不便な点もいくつかあります。

一つはクレジットカードに対応していないタクシーに乗ってしまった時には使えないということです。
大手の業者などではクレジット決済のできるタクシーは多いのですが、個人や小規模な業者のタクシーでは、まだ導入されていないところもあります。
もう一つは、クレジットカードを使えるタクシーであっても、この取り扱いに慣れていないドライバーがいるということです。
コンビニなどでも稀にいますが、クレジットカードを通す端末の使い方に不慣れで、いたずらに時間がかかったりすることがあり、最悪の場合には現金での支払いという事にもなりますので、この点はドライバーの研修をきちんとして欲しいと思います。

Copyright(C) 2013 カードを効率よく使う All Rights Reserved.