京アニ「涼宮ハルヒの憂鬱」は面白い?おすすめな理由を解説

ハルヒ アニメ

今回は、京都アニメーションの作品「涼宮ハルヒの憂鬱」について解説します。

 

こちらの作品は、京アニを有名にした作品かと思います。

涼宮ハルヒの憂鬱について

まさに原点にして頂点。

文句なしに面白い、全話ぶっ続けで見られます。

 

アニメ文化がここまで広がったのはまさにハルヒの功績とも言えるでしょう。それだけ世間に影響を与えた作品です。

 

このアニメは、ただの可愛い、萌えだけではない。ストーリーはしっかり作られておりミステリーを感じました。

挿入歌も凄かった

 

godknowsやハレ晴レユカイなどの歌も大ヒットしました。

 

青春、学園、SF、ツンデレ、やれやれ系主人公といった現在のアニメに通じる設定の全てが盛り込まれています。

特にアニメ第1話に関しては冒頭のキョンの台詞を全アニメヲタクが暗唱出来るほど有名なエピソードです。

 

キャラ設定、台詞回し、作画、音楽全てに置いて素晴らしい作品ですが、やはりストーリーの練り具合がピカイチです。

 

緻密に伏線が張られており全てが繋がった時の爽快感が凄いです。

普段アニメを見ないような人にもおすすめ

普段アニメを見ないような人にも文句なしで勧めることが出来る歴史に残る大名作です。

 

今までこういった美少女がたくさん出てくるアニメを見たことがない女性の方でもスッと入っていけるのではないでしょうか。

こちらの作品は有名なので見たことがない方でもイラストやダンスなどでキャラクターだけは知ってる方もいるのではないでしょうか。

ただの日常系アニメではありません

実際私も初めておもしろいと思った作品がこちらの作品でした。ここから京都アニメーションの作品に興味を持ち始めたきっかけになります。

全ての登場人物が大切な人物であり、涼宮ハルヒとは一体なんなのか。

何も知らない人はきっとビックリするでしょう。

涼宮ハルヒの消失

まさに名作。映画本編は三時間近くもありますが途中で飽きるなんてことは全くありません。ノンストップで最後まで駆け抜けられます。

 

涼宮ハルヒシリーズでの主役は勿論ハルヒですがこの作品に至っては長門有希が主役と言えるでしょう。ハルヒは物語後半まで全く登場しません。

基本的にハルヒは毎度物語がしっかり練られていて面白いですが、この作品に関してはストーリーが練られているのは勿論のこと普段スポットライトの当たることのない長門の内面と精神性をとても丁寧に描いています。

 

そしてこの映画はハルヒシリーズを見たことが無い人でも楽しんで見ることが出来ます、誰が見ても名作と思えるだけの名作です。

初のハルヒ作品にもおすすめの一作です。

まとめ

深夜アニメ業界を変えたと言っても過言ではない作品が「涼宮ハルヒの憂鬱」です。

 

結構昔の作品ですが、今見ても面白いので、まだ見たことがない方でもおすすめしたい作品の一つです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました