麻生大臣の民度が違う発言はどうなの?国内と海外の反応は?

ニュース ニュース

麻生大臣は、5日の記者会見で、前日の国会答弁で日本の新型コロナウイルスの死者数欧米諸国と比べると少ないことで「国民の民度のレベルが違う」と発言したことで、野党などから批判が出たことを問われました。

 

今回は、この発言に対して、みんなはどう思ったのかをまとめてみました。

麻生大臣の民度が違う発言はどうなの?

 

海外の反応は?

麻生太郎財務相の「民度が違うから」の発言は、中国でも報道されて反響が寄せれているということでした。

中国の反応

中国のネットユーザーからは、「賛成」「日本人の民度は確かに高くて、これは事実」「彼の言ってることは正しいと思う」などと、結構思っている以上に麻生氏の発言に共感している方々が多数いました。

事実かもしれませんが

今回、日本は自粛要請で法律的には何の罰則もなく外出自粛をして我慢することになったので、事実として「民度が高い」と言っても良いかもしれませんが、国会議員の財務大臣なら、発言の言い方については考えた方が良いのではないかと思いました。

 

普通に国民の一人一人が外出自粛に協力してくれたお陰で被害を抑えることが出来たとかで良かったと思うんですが、もう少し発言の表現の仕方を気をつけていただきたいと思ったところではありますね。

 

ただ、今回海外の人たちが驚くぐらいに成果を出せたことについては、日本の国民が自粛や規制を受け止めて頑張った結果です。

まとめ

言ってることは、正しいけど発言の仕方に問題があったように思えます。

 

もう少し丁寧に発言されたら、もっとみんなからの同意も得られて指示されるのに勿体ないなぁ感じました。

 

言葉のチョイスが極端すぎるところは大きいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました