脱税の刃アニメ制作会社ufotableで映画と2期はどうなる?

給付金 ニュース

アニメ「鬼滅の刃」制作会社のユーフォーテーブルが法人税や消費税など約1億3900万円の脱税をしたとして、東京国税庁操作部が法人税違法などの罪で、社長の近藤光氏を告発しました。

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編の公開はどうなる?

気になるのは、既に制作が決定している「鬼滅の刃」無限列車編の公開がどうなるかでしょう。

 

「鬼滅の刃」の制作会社が、「ufotable」なので、脱税で法律を犯したということで制作中止になるとか延期になるとかが非常に気になる点だと思います。

公開日は変更なし

調べたところ、公開日の変更は10月16日のままで変更はありませんでしたので、現状は延期の予定はありません。

 

もし、新型コロナウイルス感染症の第2波が来た場合や他の大きな問題が起きない限りは、問題なく映画が公開されることでしょう。

今回の問題は、社長が大きい

今回は、社長が計画的に脱税を行っており、「鬼滅の刃」を制作しているアニメーターさんなどは、悪いことをしているわけではなさそうでした。

それでも、社長が大きな金額を脱税したということで、作品自体の名を汚した行為になったことでしょう。

 

これは、社長を問答無用で解雇すべきレベルの大きな問題でした。

既に脱税した税金は全額納付

もう、既に脱税した税金は全額納付済みということなので、会社自体はそのまま継続されることでしょう。

 

ただ、脱税をしたことで、大きな金額の追徴課税を支払ったと思います。

 

悪いことをして、本来払わなくてもお金を払ってしまったことは自業自得ですよね。脱税なんかせずに、もっと現場の人たちに還元して欲しいところです。せっかく良い作品を作ってるのに勿体ないですね。

みんなの感想

「鬼滅の刃」で、かなり有名になりましたが、Fateシリーズなども制作している会社で、fateのアニメも定評がありますので、この機会に視聴してみることをオススメしたいです。

どうしても、「鬼滅の刃」が有名なので、名前が出てしまいますよね。というか、本来やってはいけない脱税をしてしまった会社が悪いところだと思います。

脱税をしていたから、国税局がユーフォーテブルを狩ったというネタになっておりますね。

 

脱税をした結果、自滅の刃とも言われたりもしたました。

今回の件は、「鬼滅の刃」としては、風評被害になりました。

アニメ2期はどうなる?

本来なら、映画化して映画の時で、アニメ2期の発表がありそうでしたが、これだとアニメ2期がどうなるか気になるところです。

 

過去の事例としては、脱税した会社がそのまま続編のアニメを制作していたこともあったので、そのまま継続してアニメ2期も制作される可能性はありそうでした。

 

ただ、一部のファンからは、他の制作会社にしろ!っていう意見はありそうですね。

まとめ

一応、前例として、他のアニメで脱税した会社が続編のアニメを制作していたので、そのまま継続してアニメ化はしそうな感じでした。

 

とりあえず、現在決まっている映画の方は、問題なく制作中みたいですので、鬼滅の刃が好きな方は、安心出来そうですね。

 

今後、同じようなことが起きなければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました